FUMIの開発日記

ソフトウェア開発のメモ的なブログです

Rails4 でグラフを描いてみる ( Lazy_high_charts , Chartkick )

データベースに保存されたデータをグラフで綺麗に表示させたいなーと思ったので、調べたことやつまづいたことをまとめようと思います。

gemを探すにあたって、以下の記事を参考にしました。

Ruby on Rails で使えるグラフ・チャート用ライブラリまとめ | EasyRamble

さて、今回は Lazy_high_chartとChartkickの2つのGemを使ってみました。

Lazy_high_chartを使ってみた感想としては、 Good

  • ラベルなどの指定を結構細かくできる
  • グラフが綺麗(Highchartsのグラフのデザインが素敵)
  • グラフの種類が豊富で、結構細かな設定ができる

Bad

  • Capistranoでproduction環境にdeployした時に、Asset:precompileがフリーズした(地味にかなりハマる。javascript_include_tagで直接指定して対策)

次に、Chartkickを使った感想としては、

Good

  • シンプルで実装がとても簡単
  • google chart と highchartsのグラフどちらでも表示できる
  • library:{ ... }の中に、上記apiのオプションを指定することで、タイトルや軸の設定ができる

Bad

  • 線の種類が4種類に限定される。
  • 線グラフがスプラインに限定される

いずれも詳細設定は、Javascriptからおこなうことになりそうです。 今回、Lazy_high_chartとChartkickの2つを試してみましたが、 どちらもサクッとグラフを描くことができる素敵なGemでした!